フェルト帽体ついてきちんと知らない人は少し損している

秋冬の帽子で欠かせないのが「帽体」と呼ばれる素材。一般的にフェルト帽といえばおわかりになるでしょうか。実はその素材もピンからキリまで、良いものは材料だけでもかなりいいお値段なのが作り手泣かせで悩ましい...

またまた・舞台の帽子

舞台の帽子は紳士役用にトップハット(シルクハット)も作ることになっていました。札幌と東京で細かいやりとりを交わし、生地は厚めのサテンで決定。本体が出来たところでリボン飾りの相談。無難にグログランかと思...

また・舞台の帽子

舞台の婦人帽が出来上がりました。イメージワード「明治維新、鹿鳴館、舞踏会、貴婦人」のように仕上げたつもり。 実はこれ、一人二役で男性がお被りになります。頭のサイズは57センチと大きくはないのですが、身...

続・賢い紫外線カット

「UV加工」についての続きです。 「紫外線遮蔽率」…よく商品に「UVカット ○○%!」などと表示されていますが、難しい数字になるとこれは波長280nm から400nm の紫外線 UV-A (400-3...

続々・舞台の帽子

舞台で映えるようにつばを広くというリクエストですが、素材自体の大きさが限られているのでそれ以上にするには「何か他のもの」を足さないとなりません。そこで選んだのがホースヘアー。 字の通り本来は馬のたてが...

続・舞台の帽子(シゾールのこと)

貴婦人をイメージした帽子なのでつばはとにかく広く、そしてそれを被って踊るのでなるべく軽く。となるとやはり天然素材、扱いやすいシゾールを選びました。 夏の天然素材、シゾール。これはフィリピン原産マニラ麻...

舞台帽子の誕生秘話

三越札幌店において、飾ってあったショーの帽子を眺めていた男性がいらっしゃいました。しばらく見ていて姿が見えなったと思ったら、少しして女性と二人でまた現れました。帽子をお求めになるにはちょっと雰囲気が違...

賢い紫外線カット

夏は「UV加工してありますか?」も非常に多い質問です。 Cheeraの帽子はいろいろ考えた末、「現在は」使っていません。 知っているようで知らないUV加工。生地加工には2種類あります。 ひとつは繊維に...

お客さまが求める夏の帽子の3大機能

夏の帽子をお探しになるお客さまで「機能性」を気にされる方は少なくありません。ずらり並ぶ帽子を前に「機能性重視」のお客さまからはじっくり見るのよりも前にすぐさま「洗えるか?」「畳めるか?」「UV加工して...

三越札幌店「野村あずさ 夏の帽子コレクション」終了いたしました

札幌三越が終わりました。 お買い上げ下さったお客さまはみなさまゆっくりと時間をかけて、たくさん試着して下さいました。何しろ椅子が用意してありますので最初は荷物を置いて試着、そのうちに椅子に腰を降ろして...

三越札幌店「野村あずさ 夏の帽子コレクション」続き

このシーズンは「洋品小物売場」「服飾雑貨売場」ではなく、特選婦人服売場での催事にも取り組みました。百貨店においてお客さまが帽子をお求めになるのは大体1〜2階にある服飾雑貨売場が多い…という印象がありま...

三越札幌店「野村あずさ 夏の帽子コレクション」始まりました

札幌にまいりました。本日より三越札幌店4階にて「野村あずさ 夏の帽子コレクション」が始まっております。 ご覧のようにゆったりとした贅沢なスペース。「サロン風の展示会をしてみたい」という私の密かな希望を...