浦和伊勢丹と鎌倉ギャラリーミンネで始まりました

今日から新しい催事がふたつ始まりました。 ひとつは浦和伊勢丹にて、本日7日から13日まで。1階の比較的ゆったり広い帽子売り場の中に、日本橋タカシマヤから引き続きOrfeu(オルフェ) 窪村晶子さんと秋...

日本橋タカシマヤ最終日になりました

日本橋タカシマヤでの催事も本日が最終日となりました。雨や夏日のような天候に泣かされた日もありましたが、今日は秋晴れ。秋冬物をお探しになるお客さまで最終日が盛り上がりますように。 初めての場所でしたので...

日本橋タカシマヤでの催事です

明日から催事が始まります。日本橋タカシマヤ。1階正面玄関入って右手のイベントスペース、そこのエレベーターとエスカレーターの間あたりで、帽子作家仲間のOrfeu(オルフェ) 窪村晶子さんと一緒に1週間 ...

帯広 藤丸百貨店での催事が始まります

帽子作家で帽子セレクターでもある知人の企画で、帯広は藤丸百貨店での催事に参加します。たぶん私の帽子が見られる国内最北。 ともすれば夏のような日もある東京の私達に彼女は言いました…「皆さん、10月初旬で...

仙台 藤崎百貨店に行ってきました

10日から秋冬の帽子を紹介していただいてる仙台の藤崎百貨店に行ってきました。初めての仙台、街は想像以上に大きく綺麗で緑も多そう、住みやすいんだろうなぁというのが第一印象。とはいっても日帰りだったので私...

スベリとビンカワ

帽子をひっくり返すと黒い(ことが多い)リボンみたいなのがぐるりと縫い付けてあります…私は「サイズリボン」と言ってる代物。高級品だとグログランリポンを使っていたり、一般的にはテトロンだったり。こんなもの...

「秋冬コレクション」

藤崎百貨店ではこのように紹介していただいております。「媒体用に帽子を貸して欲しい」とお話いただき、秋らしい茶のキャペと布帛2点を送ったのが8月頭。この帽体が気に入っていただけたようで「媒体掲載したい、...

誕生日のスタートと再スタート

実は原発事故後まで細々つけていた日記のようなブログがあって、しかし素人(←つまり私だ)がカスタマイズしようとあれこれいじった末に、とうとううんともすんとも動かなくなってしまいました。それ以来、制作はと...

カッティングブリムのキャペ

ここ数年作っているファーベロア帽体のキャペ。こともあろうにカッターでくり抜くという大胆な飾り付け、いや「付け」てないから飾り抜きか。高級素材なので失敗出来ない緊張感がたまりません。ただ長く染色仕事もし...

織ネーム

10年前に「CHeeRA」という名前で作った織ネーム1000枚。2回の出産育児を経験しながらも細々と続けてきて、いよいよその1000枚が残り少なくなり新しい織ネームを注文することに。 10年前に比べて...

凝った織地で

掘り出し物の生地 でこんな帽子が出来ました。つばがくるんと丸くなる帽子です。昨年はフラノ地でカジュアルに展開していましたが、今年は存在感のあるツイードでも展開してみます。 生地自体の厚みのせいで多少の...

さりげない切り替えクロシェ

ラメの入った白い織地で冬の帽子。ラビットファーのポンポンをつけてより暖かそうに演出しました。こんな夏日に。 この帽子、よくよく見るとクラウン部分は3枚のパーツの切り替えになっています。かろうじて生地の...