藍の帽子

先日 届いた「藍染め作家・藍玉さん」の藍の生地で作ったコラボレーション帽子のひとつがこれ。粗めの麻生地に親しみやすさを感じます。麻は湿気のある日本の夏に本当に相応しい生地だなと、改めて感じました。 案...

麻ブレードのダブルブリム

新しいお仕事の打ち合わせの際に「実物を見せていただけませんか」とリクエストがあった時にお持ちする帽子のひとつが、この麻ブレード(テープ状の素材のことです)のダブルブリム。つまりはつばが二重になった帽子...

藍の生地で帽子を作ります

6月10日(金)〜26日(日) 徳島で展示会をします。徳島市内から50キロほど離れたギャラリー&カフェ 萩の庵にて、藍染め工房 藍玉さんとの二人展。以前 徳島文理大学短期大学での社会人講座講師をしてい...

西武東戸塚店「クリエーターによる帽子フェア」終了いたしました

西武東戸塚店「クリエーターによる帽子フェア」12日間が終了致しました。26日27日のトークイベントは、帽子の豆知識を散りばめながらお客さまに似合う帽子をお見立てするという内容。ご自身では絶対選ばないで...

西武東戸塚店で後半スタートです

西武東戸塚店4階エスカレーター前の三角地帯が今回のメイン展示。そこで今日から後半戦、Cheeraの帽子が並びました。 すっきりと春らしい雰囲気にしてみたつもり。がしかし。先においてあったボディの衣装が...

西武東戸塚店にて春の帽子をご紹介

いよいよこの春夏の催事が始まります。スタートは西武東戸塚店4階 エスカレーター前などにて春の帽子をご提案。 今回は会期を分けて展開します。 西武東戸塚店 4階  婦人用品売場 前半3月16日(水)〜2...

帽子の額縁効果「顔のボリュームの見え方」

ポーラ文化研究所にはこんなレポートもありました。少し古いデータなのですが アンケートによる顔の美醜観(2001年)…つまりは平均的女性が抱く「今の流行りの顔のイメージ」ということになるのでしょうか(で...

帽子と人 vol.1 染色家・柚木沙弥郎

染色作家・柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)氏。 染色作家とは言いつつも型染やその他水彩やガラス絵などの絵画作品も手がけ、絵本や版画、お面や人形などの立体作品も発表しています。 女子美時代の恩師。そして私が...

帽子の額縁効果「メリハリ効果」

メイクは「立体感」「メリハリ」を付けましょう、というのが今の大きな流れのひとつのようです。メイクノウハウをちょっと見るだけで「顔に光と影を効果的に加えて」立体感を出しましょう、小顔になりましょう! 光...

帽子の額縁効果「印象操作」

ポーラ文化研究所が化粧と生活の調査レポートを1979年から発表しています。調べものがあると参考にしているひとつで、「顔」について調べている時に見つけたレポートがこれ。 自分の顔の好き嫌い評価と見せたい...

帽子の額縁効果「有る無し」

額縁効果、という言葉があります。 額縁に入れた絵や窓枠で切り取られた風景は、額縁や窓枠のない状態で見るよりもよく見える…これは視界が制限され視覚が安定するために対象がより大きくはっきりと見えるから。 ...

誰のための顔?

訂正。「誰のための帽子?」で「自分が着飾っていても自身で見ることが出来るのは身体の前の一部分で背中や頭は見えない」と書きましたが、身体をぐいっとひねると脇腹から下が見えることを確認。もっと身体が柔らか...