Category: 帽子について思うこと

AZU通信54号「機能性」

「機能&お洒落」を兼ね備えた帽子を作ることが出来れば鬼に金棒。 「万能な帽子があれば売るのに困らないんですけどね」とお客さまにお話しすると大笑いされますが、それくらい現実は難しいということ。 「機能 ...

AZU通信53号「頭の話」

帽子を何処に被るかというと(当たり前過ぎますが)頭です。帽子のことをあれこれ考えていると必然的に頭のことも考えなければならず、そんなことをあれこれ書いた号です。 自身の帽子、この時はサイズ展開もまだ不...

AZU通信52号「道具と資材」

個人制作なので仕入れ等もアトリエや会社に比べたら微々たるもの、そんな程度で大騒ぎして恥ずかしい限りです。

AZU通信49号「帽子美人講座」

大学時代の先輩(といっても、もうこの歳になると同志と言った方が相応しい関係なのですが)が、鎌倉二階堂の古民家でカジュ・アート・スペースを主宰しています。 そこが年4回発行する「カジュ通信」の見開きに、...

石田倉庫「アートな2日間 ごえんにち」が終わりました

          立川 石田倉庫にての「アートな2日間 ごえんにち」が終わりました。 No.5の1階、アーティーズを入ったところ。立派な棚や広い壁面...

石田倉庫の帽子

この週末にアーティストのアトリエ集合体である立川・石田倉庫のアトリエ開放イベントがあります。私も数回目の「外部」参加。 「何だ?」という方に簡単に説明しますと、私の従兄もアーティストでして空間演出トー...

「商品」と「作品」(石田倉庫の帽子)

先日のマルシェ・ド・シャポー展示会の際に見つけた自身の課題のひとつが「帽子をどう演出して見せるか」。商品として撮影する時は余計なイメージが入らないよう白バックで帽子だけがしっかり見えるようにします。が...

マルシェ・ド・シャポー 第23回東京展、終了致しました

マルシェ・ド・シャポー 第23回東京展が終了いたしました。 仲間との帽子や仕事についての情報交換・人生相談(?)・思いがけないゲストのご来場と、いつも以上に盛り沢山の三日間だった気が致します。 浅草橋...

帽子と人 vol.3 帽子デザイナー・小林時代

本日スタートのマルシェ・ド・シャポー 第23回東京展に、帽子の師匠・小林時代(ときよ)が見に来て下さいました。 師匠のアトリエに通い始めてたぶん20年近く、途中2度の出産育児に加えて最近は(有難いこと...

Fruityな帽子

帽子を作り始めた頃は「帽子が好き」「上手に作れたら誰かに見て欲しい」「被ってもらえたら嬉しいなぁ」…そんな気持ちでした。が、長く関わる今は少し心境も成長したように思います。 「帽子でコミュニケートした...

一万人よりあなたに好かれたいオーダー

夏にバオ(籐のつる)素材の帽子を買って下さったお客さま。非常に気に入って下さったようで同じデザインで冬の帽子が欲しい…お求めになった百貨店にわざわざお電話されて「あの帽子は今度いつ買えるのか」とお尋ね...

帽子と人 vol.2 木版画家・井上勝江

昔々、南青山のギャラリーのスタッフをしていた頃。そのギャラリーで扱っていた作家のお一人が木版画家・井上勝江さん。 ひたすら「白と黒」で花や植物を描き出す井上さん。木版画がこれほどまでにカッコいいものか...