Category: ただいま制作中

ジオラマ帽子「パーティー」・3

つば部分を二重にした本体も出来上がりました。二重にしたのはつば部分のみ、頭部分は一重(ひとえ)です。 エッジは綺麗に始末するかどうか悩みましたが、敢えて帽体そのままのラフなエッジを残しました。綺麗に整...

ジオラマ帽子「パーティー」・2

帽子にガーデンパーティーを作るために、何があれば「それらしく」見えるか。ジオラマ帽子である以上、多少なりとも実際を映し込んだアイテムを盛り込むことになります。樹々の緑、綺麗に演出された花に彩られたテー...

ジオラマ帽子「パーティー」・1

先日のマルシェ・ド・シャポー 第28回東京展の競作テーマは「パーティー」でした。いろんなイメージが出てまいります。実際にパーティーで被る帽子にしようか?せっかくだからもっと遊びのある帽子にしよう、とな...

甘い帽子・2

              本体が出来上がって飾り付け。いつもでしたら頭まわりに飾り付けるのが常でした。しかし今回は「上へ、上へ」...

甘い帽子・1

帽子のショウがあります。「最新のコレクションを見せる!」というものではありません、あくまで「帽子の楽しさ」をお伝えするもの。ですから私も華やかで明るく元気の出るような帽子をご用意致します。 今回は白い...

師匠は嘘をつかない

              帽子の師匠・小林時代(ときよ)、御歳90。元気です。いまだに制作意欲旺盛です。数年前に転んで腰を痛めて...

石田倉庫のジオラマ帽子 2018年版

            今年も石田倉庫のイベントの頃となりました。一昨年から頭に載せているジオラマ帽子。昨年は一気にアイテムを増やしてもう十...

オーダーから始まったマカロンクロシェ・1

今回の静岡の大事な仕事のひとつに「オーダーの帽子のお渡し」がありました。オーダーいただいたのは4月の出店時、半年がかりの気の長いお話です。 4月の静岡にてトップハット風をお買い上げ下さったMさま。この...

ツイードコンビネーションのクロシェ

染織を勉強していた学生時代、織と染めに分かれるので「染め」を選びました。グラフィック的な表現が出来ること、そして染料を自由自在に操って色を作り色を組み合わせるところに魅力を感じたからです。 染めが布の...

枝葉のベレー

帽子を作り始める前は染色に携わっていましたので「型紙を彫る」のは得意技。(染織ではどういうわけか「切る」ではなく「彫る」と言います) せっかく持っているこの手技を帽子で楽しんでいただこうと形にしたのが...

マカロンクロシェ&マドレーヌベレー

少しゆっくりスタートの今年の秋冬。マカロンクロシェと新しくマドレーヌベレーをご用意しております。マドレーヌベレーは3年ほど前から出していたものですが、地味に評判が良かったのでここで一気に表舞台に引っ張...

バオのソフト風ハット 2018 summer

シゾールと同じくらい好き…というより、私の好みでいえばこちらの方が好きかもしれない夏帽体がバオ。バオとは何ぞや?というと、何故かその説は大きく2つに分かれ、ひとつは「籐(竹冠の「とう」、草冠の「藤(ふ...