流れる水のトーク・2

シゾールのトーク帽、まずはオーガンジーを一枚上に被せました。続いてお饅頭のようなフォルムをエレガントに変身させるため、サイドにぐるりとオーガンジーを巻きました。トップに被せたオーガンジーでシゾールの編んだ質感が少し和らぎ、またそれがワンクッションとなり、サイドのオーガンジーが全体に馴染みます。これからサイドのオーガンジーをまとめる作業に入ります。

今回はシルクオーガンジーの軽く流れるような質感を生かすため、細かく切ったり縫ったりするのは止めました。
志は高く、目指すはマドレーヌ・ヴィオネ。一枚の布でどこまで表現できるかが課題です。

野村あずさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする