洗濯機で帽子を洗いました・1

マカロンクロシェはかなり単純な形の帽子です。所詮は布で出来ていますから洗えないことはありません。
夏物の麻のマカロンクロシェの洗濯表示は「洗える」にしていますが、しかし、冬のウールのマカロンは「洗えない」にしておりました。
とはいえ冬も日差しによっては汗をかきますし、乾いた風が吹いているときはなんとなく土埃も気になります。
そこで実証実験。ウールのマカロンクロシェを洗うとどうなるか?

一番簡単な方法として、ネットに入れてお洒落着洗いコース。脱水が終わってそのまま「シワを伸ばしもせず」タオルハンガーにポンと置いて乾かした状態。
乾いた帽子はタオルハンガーの跡がくっきり。タオルでもひいて乾かせば良かった。
そして頭部分、ここもシワシワ。思った通りです。
ピンチハンガーで乾かす方法もあります。脱水は軽く済ませ乾かす時に写真のようにすると、生地の重みでシワが伸びるのでここまでシワにならないかと思います。実際にこの方法で麻のマカロンクロシェをお手入れされたお客さまがいらっしゃったので、ここでご紹介させていただきました。
他にはザルに被せて乾かす方法もありますので、ご自身のやりやすいものでお試し下さい。
さてここからシワを伸ばしていきます。
帽子屋だと木型がありますが、今回は家庭にあるもので。
タオルとアイロン、あと当て布で仕上げていくことにします。

野村あずさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする