0

img_0807帽子を作り始めた頃は「帽子が好き」「上手に作れたら誰かに見て欲しい」「被ってもらえたら嬉しいなぁ」…そんな気持ちでした。が、長く関わる今は少し心境も成長したように思います。

「帽子でコミュニケートしたい」

今はこれが大前提。

私の商品としての帽子を気に入って下さった方に買っていただくのも、コミュニケーションのひとつでしょう。そして立体造形としての帽子の可能性に楽しさや驚きを感じてもらいたい …それも私のコミュニケートのひとつだと考えています。帽子のファッションショーやディスプレイのための帽子は、明らかに後者のためのもの。「見て被って楽しんでいただく」だけなのではっきり言って収入にはなりません。物好きだとは思いますが私自身が帽子に造形作品としての魅力を非常に感じているので、これは頑張って続けたい。どんな帽子を作るか、それをどんな方法で人に届けるか。せっかく作家として自由に活動出来るのですから、その両方の可能性を広げていきたいと考えています。

「マルシェ・ド・シャポー 」では参加帽子作家がひとつのテーマで競作します。今回のテーマは「Fruity」。商品よりにしようか、ディスプレイよりで作ろうか迷ったのですが、ここはどーん!とディスプレイに徹しました。出来た帽子は大きくて重くて実用ではありません。しかし「帽子って自由だ!」と思っていただければ大成功。
会期前なので帽子はチラリでご勘弁を。

私が伝えたいこと、それは「帽子は魅力的で面白い」。
「Cheera の Fruity」にそれを感じていただけたら 幸いに思います。

11月3日(木)〜11月5日(土)
マルシェ・ド・シャポー 第23回東京展
東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
ファッションフェイスビルB1「エクレティコショールーム」
11:00~18:00(最終日 〜16:00)

cheera

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする