カプセルタワーの帽子・4

カプセルタワーの帽子が出来上がりました。
段ボール切りっぱなしの躯体、積んだのはメラミンスポンジ。荒削りとはいえ、全体を見ればそれなりの面白いものが出来たと思います。

さてなぜこの帽子を作ったかというと、カプセルタワーでカプセルタワー帽子を被るため。いよいよ当日、帽子を持って見学に行きました。
身軽な他の参加者に対し何やら大きいバッグを下げた私は、ガイド役の保存再生プロジェクト代表の方に「お荷物重くありませんか?」と気遣いされる迷惑な参加者となっておりました。「大丈夫です!」と意味不明な返事をしながら見学は進み、カプセルの中での参加者の撮影時間。
この一瞬のために作ったこの帽子!
「実は…」と帽子を出すと「おおっ…」と静かに驚かれました。
同じ参加者の女性に写真を撮っていただき、カプセルタワーの帽子をカプセルタワーで被るという馬鹿馬鹿しい計画は見事完結した次第です。

この帽子を作ったからといって、マカロンクロシェの宣伝になるわけでも営業材料になるわけでもありません。
それでも作らずにはいられなかった。いてもたってもいられないその気持ちと、突き動かされて自分でも驚くほどの瞬発力で製作したその行動力。このエネルギーを持ち続けている間は、まだやっていける。こういうことに全力で取り組める自分を、私は嬉しく幸せに思っています。

野村あずさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする