ツイードコンビネーションのクロシェ

0

染織を勉強していた学生時代、織と染めに分かれるので「染め」を選びました。グラフィック的な表現が出来ること、そして染料を自由自在に操って色を作り色を組み合わせるところに魅力を感じたからです。
染めが布の上での表層的な表現であることに対し、織は縦糸緯糸を組み合わせ構造を作るというところが異なります。比較的自由な表現が可能な染めに対し、織は表現が組織のなかに組み込まれるという制限はあるでしょう。しかし糸が作る複雑な「層」、そして織っていくという工程が「時間の可視化」と重ね合わせられるところなども染めにはない魅力です。

そんなこともあり染めを専攻してはおりましたが、織地にもとても惹かれます。特に複雑な色糸たちの織り成す表情豊かなファンシーツイードと目が合うとその魅力にあがらえず、いままでに一体どれほどのファンシーツイードを連れて帰ってきてしまったことか。
そのツイードを用いたシンプルなデザインのクロシェをご用事いたしました。クラウン部分が各種ツイード、それに合わせての無地のブリム(つば)。華やかなツイードも帽子の部分使いでしたら気軽にチャレンジできるでしょう。たっぷりしたつばは顔を上品に縁取り、冷たい風も寄せ付けません。デニムにシンプルなセーターに合わせて、カジュアルに被っていただくのも素敵かと思います。

2018年10月17日(水)〜23日(火)
「野村あずさ 秋の帽子コレクション」
松坂屋静岡店 正面玄関 葵テラス
会期中は全日在店しております

cheera

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする