伊勢丹相模原店での試行錯誤

最終更新日

Comments: 0

会期中IMG_9559は帽子とお客さまの視線を絶えず気にするという、なんとも落ち着かない時間を過ごします。せっかくの帽子もお客さまの目に留まらなかったら試着にも、ましてやお買い上げにも行き着きません。
しかも郊外店舗は毎日のようにいらっしゃる方も。初めての方には新鮮な印象を、何度もご来店の方には「相変わらず感」をなくすよう、あれこれと展示を変えて様子を伺った1週間でもありました。
カジュアルな帽子を前面に押し出したり、バリエーションの豊富さをウリにしてみたり、帽子の造形性を主張してみたり。

私の主観ではありますが、お客さまが良く目を留めたのは…デコラティブな帽子を飾った時(のような気がします)。このような帽子をまとめて見る機会はあまりないかもしれませんから、それが私の帽子の特徴だとすればそれは存分に楽しんでいただければ。
「あら、素敵ねぇ」の言葉の次に「どんな時に被るのかしらね」「被って行くところがないわ」といきなり現実的になるのがいかにもご婦人的ではありますが、これらの帽子に少しの夢と憧れを持って興味深く見ていただけたなら幸いに思います。

cheera

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする