西武東戸塚店「クリエーターによる帽子フェア」終了いたしました

トーク2トーク1西武東戸塚店「クリエーターによる帽子フェア」12日間が終了致しました。26日27日のトークイベントは、帽子の豆知識を散りばめながらお客さまに似合う帽子をお見立てするという内容。ご自身では絶対選ばないであろう色やデザインの帽子を被っていただくと、ご自身も驚かれるほど「今まで気が付かなかった自分」を発見されたようです。「試す」ことって大事ですね。

期間中は冬の寒さがぶり返したり春の陽気になったりと、季節ものを扱うには落ち着かないお天気が続きました。それでも定番の小振りの帽子から中くらいのキャペまで平均して帽子が出たのは面白いことでした。

昨年帽子を買って下さったお客さまが「今年もやってらっしゃるのね」とお声をかけて下さり、翌日には昨年お買い上げ下さった帽子をわざわざ被って再来店。「とても気に入っているんですよ」と言いつつ、また別の帽子をお求め下さったという嬉しい出来事も。

ふらりと立ち寄って帽子をご覧になり「少し考えます」とお帰りになったお客さまがお戻りになったり、「気になったから」と再来店されて帽子をお選び下さったお客さま。

70代50代の母娘の買い物中、帽子好きのお母さまが「この子は帽子を絶対被らないのよ、被れば良のに」「だって似合わないんだもの」
娘さんはふくよかで頭の鉢も少しありそうなので、頭周りのゆったりした中キャペをお勧めしました。締め付け感がなく、つばの大きさが顔を縁取りふっくらした頬をカバー、身体全体とのバランスも良いだろうとの判断です。
試しに被ってみると…母「あら、似合うわよ!」娘「似合うわね!自分でいいと思った帽子はこれが初めて」と喜んで下さいました。4月にハウステンボスに旅行に行かれるとのこと、そのときに被りますとお求め下さいました。
「似合わないと思ってたけど、ちゃんと見立ててもらえば似合う帽子があるんですね」
そんな嬉しい言葉もいただきました。

西武東戸塚店4階洋品小物、わんさかお客さまがいらっしゃるフロアではありません(失礼!)。
しかしながらこのような素敵なお客さまとのエピソードに加え、東戸塚の社員さんや各メーカーからの派遣の方々がとても仲が良く私にも気さくにお声をかけて下さり、そしてユニークかつサバサバとした女性店長にお会いするのもここでの催事の楽しみのひとつ。最終日はイースターイベントに重なり、シックなパンツスーツに白いモコモコの兎の被り物の女性店長&ピンクの兎の被り物の女性部長が大真面目に店内を歩き回っておりました。婦人靴担当チーフが実は弾き語りをしていて彼の曲が店内放送BGMに使われてるとか、そんな面白いネタも仕入れた今回の東戸塚催事となりました。

野村あずさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする