大人のワッチ風クロシェ(ワッチキャップ)

カジュアルは気楽で誰にも似合いそうな気がしますが、間違えると手抜きで少々だらしないように見えるので難しい。そんな気がします。
折り返しのあるワッチキャップはカジュアルな帽子のひとつ。ニット素材、ジャージやフリース素材など手軽で扱いが簡単なのも魅力とはいえ、これも私のような年代が無造作に被ると「地味なオバサン」のようになるのが悩ましい。
大人の女性が綺麗に見えるワッチキャップはどんなものなのかしら?
思考錯誤して作った大人のワッチ風クロシェ(ワッチキャップ)。今シーズンは暖かかったこともあり店頭でしっかりご提案する機会が少なかった。ここで改めてご紹介いたします。

このワッチキャップの素材はシャギーの入った質感も上々のウールです。
ただ折り返してあるように見えますが、ここが工夫のしどころ。筒状のものをただ折り返しただけでは、その折り返し部分の余裕がないため頭にへばりつくような感じになってしまいます。そもそも小さめのワッチキャップをぐいっと被ること自体、髪、ひいては頭のボリュームが貧弱になる。
ご婦人方は髪のボリュームがなくなること(髪がぺちゃんこになること)に対して親の敵のように嫌悪しますので、これではよろしくありません。そこでこのワッチキャップはまずクラウン部分をしっかり丸く形づくりました。そしてクラウン(頭部分)と折り返し部分の間に、外からは見えない「クッション」の役割になるパーツをひとつ挟みました。僅かなパーツですが、これがあるために折り返しがゆったりと頭をぐるり覆うようになりました。
折り返し部分は左右アシンメトリーにして、少しの遊び心を加えました。

マカロンクロシェを前面に出して展開していることもありお客さまはマカロンに吸い寄せられますが、催事にはこのような帽子もそれとなく置いてあったりいたします。どうぞ隅々までご覧いただけますと幸いに思います。

野村あずさ

2件のフィードバック

  1. 今更なのですが、クロシェという帽子がどのようなものなのか、全く知らないので、イラストなどで教えていただけると有り難く思います。

    他の方が書かれた帽子の説明のページを読みましたが、専門用語が難しく、全然頭に入って来ませんでした(^^;; イラストがあると良かったな〜。

    帽子を選ぶ時、私はカラーと形と手入れをしやすいか、自分に似合うかなど素材を見ますが、つば 頭の部分(クラウンと言うのでしょうか)、顔まわりの縁 という言い方をする事が多いです。

    クラウンとか聞いた事がない言葉なので頭がついていきません(笑)

    • ミキさま
      確かにそうでした!文中では専門用語はなるべく使わないように気を付けているつもりでしたが、そもそものタイトルで「?」になっては不親切。「あずさ版 帽子解説」も必要ですね。かなり斜めな帽子解説になるかもしれませんけれど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする