手織りのマカロンクロシェ

染織をしていた頃に染めたり織ったりした生地があります。その中で少々エスニックな風味の強いこの織地。何かに使えそうだと思いつつ主張が強く「何か」が見つけられず、しばらくそのままでした。

あるとき帽子にしたら面白いかもしれないと思いつき少しずつ使ってまいりました。幸い生地の個性がお客さまに喜ばれたのでしょう、それら帽子は全てお買い上げいただき手元には残っていません。そしてこのマカロンクロシェが織地で作った最後の1個。他のマカロンクロシェと並べてもどーん!の主役級。
松坂屋静岡店でこれをご覧になったお客さま。「面白い!」と試着されました。が、これは生地のこともあり、他の2倍のお値段。それをお伝えすると、しかし「そうよね、そうよね」ときちんとご理解下さいました。が、決まらずお帰りに。

翌日。「やっぱり気になったので」と再来店。織地の雰囲気は気に入って下さっているのですが、頭に載せて馴染むかどうかをお迷いでした。使いやすいベーシックな黒とこの織地と被り比べて「あ!だんだん見慣れてきた!」と。
そして織地のマカロンクロシェはその方がお被りになることになりました。

「見慣れてきた!」はとても良い言葉です。
帽子が似合わないとお思いの方の半分は、帽子を被っている自分の姿が見慣れていないから、ということもあります。被って自分の姿を鏡で良く見て、毎日被っていれば「見慣れる」
特別な技も何もありませんが、大事なことだと思いました。

さすがにあの織地の帽子をお包みしているときは少々感慨深くもなりましたが、それでも私のところにいるより被ってもらった方がいいに決まっている。
と同時に、オリジナルファブリックを再び手掛けたい!と思った一件になりました。

いま三カ所で同時開催中です。
私本人は静岡におりますが、小田急は帽子の仲間がご接客。
鎌倉ミンネはサバサバした愉快な女性オーナーがお相手致します。
どうぞお出掛け下さいませ。

2017年4月3日(月)〜11日(火)
「帽子特集」
帽子作家3名による春〜初夏の帽子のご紹介
松坂屋静岡店 1階 正面玄関前 イベントスペース

2017年4月5日(水)〜11日(火)
「春のクリエーター帽子フェア」
帽子作家3名による春〜初夏の帽子のご紹介
mameco(マメコ)木村麻実さんOrfeu(オルフェ) 窪村晶子さんと私
小田急新宿店 3階 婦人服飾雑貨売場
エスカレーター横 イベントスペース
(帽子のみの展示です)

2017年4月4日(火)〜8日(土)
「春夏の装い&帽子展 2017 Part 1」
帽子作家2組の帽子とデザイナーズファッションをお楽しみ下さい
鎌倉雪ノ下 北欧アンティーク&ギャラリーミンネ
(帽子のみの展示です)

野村あずさ

2件のフィードバック

  1. ほんとにほんとに素敵なお帽子&生地でした!

    ちょっと売れてしまうのが惜しい、(見れなくなってしまうのが残念)な程でした!

    でもピッタリな方のところにお嫁に行けてお帽子ちゃんも喜んでいたと思います。

    たった2日間でしたけれどご一緒にお仕事出来ました事、又あずささんとお知り合いになれました事に心から感謝致します!

    今の私にはまだお帽子を被る習慣が殆んど有りませんが、今後被る時が来たら絶対にお洒落なマカロンクロシェにしたいと思いました。

    本当に素敵なラストワンのお帽子のお嫁入りの場に立ち会えて良かったです

    今後もどうぞ素敵な作品(お帽子のみならず)を生み出してくださいね。
    又、糸から染色→織り→そしてお帽子&他の製品化を期待しておりますよ〜!

    そしてあずささんもご自愛されてお過ごし下さいませね。

    P.S
    あの2日間は本当に超楽しかったデス!!
    いつでも連絡ちょーだいネ❤️

  2. 和美さん、メッセージをありがとうございました。
    こちらこそ楽しい二日間でした。
    帽子から服飾雑貨からハワイからスピリチュアルまで、ミクロからマクロまでの話が出来たことにビックリです!
    またご一緒出来たら嬉しく思います。
    あいにくの天気ですが、それでも松坂屋さんにはたくさんお客さまがいらっしゃいますね。さすが!
    9日間の長丁場もあと3日。
    楽しく過ごしてフィナーレを迎えるつもりです。
    和美さんも次にお会いするときまでお元気で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする