AZU通信70号「自伝7」

この手書き原稿は実は鎌倉二階堂の古民家 カジュ・アート・スペース 発行のカジュ通信、年4回発行するコミュニティ紙のセンター見開きに掲載されています。配付されるのも鎌倉市近郊ですので、てっきり私が鎌倉市民だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
とんでもない!
東京は埼玉よりの練馬区民です。この原稿は7月に書いたものですから、鎌倉配付でもなんだろうととしまえんについて綴りました。
としまえん愛が溢れてとまりません。鎌倉のみなさん、よくわからずともパッションだけでも感じて下されば幸いです。

野村あずさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする