じわっと活動始めています

この2ヶ月ほど鳴りを潜めておりましたが何もしてなかったわけではなく、工芸館(東京国立近代美術館工芸館)のガイド活動に少々重心を置いておりました。簡単に言いますと、私はここでボランティアガイド活動を16年間しています。ガイドにあたってはそれなりに勉強をして臨むため、帽子催事と重なるとガイドの準備がままならない(なにしろ覚えてもすぐ忘れる)。ので、帽子催事のオフシーズン(夏と冬)に集中してガイド活動しています。
2月も半ばを過ぎると春夏の準備が本格的に始まります。ガイドと帽子と緩やかに入れ替わる。二毛作的ですが、こうやってインプット(学び)とアウトプット(表現する)ができたことは、自身では良い経験だったと思っています。

手始めはやはりマカロンクロシェ。今まで同様マカロンクロシェのベーシックラインはフレンチリネン(フランス北部産)のカラーバリエーションで展開します。変えたのは生地の厚み(糸の番手)、昨年までの40番手を60番手にしました。
40番手の方がしっかりとして艶感があり仕立てたときの見栄えはするものの、この気候では4月に入るともう生地の「暑い(厚い)」感じが否めません。そこで一段階薄く軽い60番手に変更、生地の柔らかい感触は一層のカジュアル感も感じさせます。そしてMサイズのマカロンクロシェは90グラムまで軽くなりました。Lサイズはぴったり100グラム!
マカロンクロシェはつばの幅広いパターンと芯地を加えた生地のハリで形を作るので、残念ながら劇的には軽くなりません。この帽子の特徴が時には縛りになりますが、大事にしたいところは守りながら変えられるところは柔軟に変えていく。今の最善を尽くしていこうと日々試行錯誤は続きます。

2020年3月17日(火)〜23日(月)
「野村あずさ 春の帽子コレクション」
そごう横浜店 地下1階 婦人帽子売場内イベントコーナー

野村あずさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする