Category: Cheeraの帽子

ショウの帽子「田園」

先日仕上げに取りかかっていたショウの帽子はこのように仕上がりました。年末の帽体の状態の時にでつばにハンドワークで形づくっていたのは後ろから見るとわかりやすいかもしれません。つば全体に施した波打つ形は下...

ショウの帽子「春と夏」

来週の帽子のファッションショウは師匠のアトリエのメンバー、そして師匠 小林時代(ときよ)の二部構成になっています。 師匠に関しては「俳句と帽子」というテーマに沿って帽子を用意しております。が、メンバー...

帽子の飾りは右?左?

この秋に非常に人気のあった帽子がこちら。イタリア製の金茶の織地に控えめなつば。たっぷりとした帽子がお似合いの方にはお勧めできませんが、ボリュームを控えた形がお好みの方には喜ばれたように思います。 さて...

小田急新宿店で始まっています

              今週から小田急新宿店で可愛い帽子屋が開店しております。10月14日(水)~27日(火)の2週間。本館3...

浦和伊勢丹と鎌倉ギャラリーミンネで始まりました

今日から新しい催事がふたつ始まりました。 ひとつは浦和伊勢丹にて、本日7日から13日まで。1階の比較的ゆったり広い帽子売り場の中に、日本橋タカシマヤから引き続きOrfeu(オルフェ) 窪村晶子さんと秋...

帯広 藤丸百貨店での催事が始まります

帽子作家で帽子セレクターでもある知人の企画で、帯広は藤丸百貨店での催事に参加します。たぶん私の帽子が見られる国内最北。 ともすれば夏のような日もある東京の私達に彼女は言いました…「皆さん、10月初旬で...

誕生日のスタートと再スタート

実は原発事故後まで細々つけていた日記のようなブログがあって、しかし素人(←つまり私だ)がカスタマイズしようとあれこれいじった末に、とうとううんともすんとも動かなくなってしまいました。それ以来、制作はと...

カッティングブリムのキャペ

ここ数年作っているファーベロア帽体のキャペ。こともあろうにカッターでくり抜くという大胆な飾り付け、いや「付け」てないから飾り抜きか。高級素材なので失敗出来ない緊張感がたまりません。ただ長く染色仕事もし...

凝った織地で

掘り出し物の生地 でこんな帽子が出来ました。つばがくるんと丸くなる帽子です。昨年はフラノ地でカジュアルに展開していましたが、今年は存在感のあるツイードでも展開してみます。 生地自体の厚みのせいで多少の...

さりげない切り替えクロシェ

ラメの入った白い織地で冬の帽子。ラビットファーのポンポンをつけてより暖かそうに演出しました。こんな夏日に。 この帽子、よくよく見るとクラウン部分は3枚のパーツの切り替えになっています。かろうじて生地の...

ハンドワークの帽子

暮らし自体はシェーカーや無印良品を目指しているのですが帽子に関してはデコラティヴなのも大大大好きで、足して足して飾りどっさり!ちょっと前もそんな帽子を作ったばかり。が、これが出来上がった時点でなんとな...